コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康僧鎧 こうそうがいSaṃghavarman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康僧鎧
こうそうがい
Saṃghavarman

仏典翻訳僧。僧伽跋摩とも音写される。康の字は康居国の人という意味のように思われるが,単にインドの人と伝えられている。曹魏の嘉平4 (252) 年に洛陽に来て,中国の最初の仏寺といわれる白馬寺において『郁伽長者経』『大無量寿経』などを翻訳した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の康僧鎧の言及

【大無量寿経】より

…サンスクリット原典,チベット語訳,および5種の漢訳が現存する。漢訳は支婁迦讖(しるかせん)訳(漢訳),支謙訳(呉訳),康僧鎧(こうそうがい)訳(魏訳),菩提流支(ぼだいるし)訳(唐訳),法賢訳(宋訳)であるが,前3訳に関しては訳者に疑問がもたれている。一般に用いられるのは魏訳である。…

※「康僧鎧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

康僧鎧の関連キーワード浄土三部経無量寿経

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android