廃熱罐・廃熱缶(読み)はいねつがま

精選版 日本国語大辞典の解説

はいねつ‐がま【廃熱罐・廃熱缶】

〘名〙 他のボイラーから出す余熱を利用したボイラー。セメントキルン、焙焼炉、溶解炉などから出る高温の廃ガスの熱や可燃性のガスを燃やした熱を利用する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる