余熱(読み)ヨネツ

デジタル大辞泉の解説

さめないで残っている熱気。ほとぼり。「ボイラーの余熱を利用する」
残暑。
「―いまだ尽きざるほどなれば、往還の旅人多くたちよりて涼みあへり」〈東関紀行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 熱気がさめきらないこと。また、その熱。ほとぼり。〔運歩色葉(1548)〕
※慈昭院義政(1965)〈唐木順三〉義政独語「その挙式の余熱のいまだにさめない三日後の二十三日に富子は男児を生んだ」
② 暑気が消えうせないこと。また、その暑気。残暑。
※東関紀行(1242頃)武佐より柏原「余熱いまだ尽きざるほどなれば、往還の旅人多くたちよりて涼みあへり」 〔孫万寿‐別贈詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余熱の関連情報