コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廓言葉 くるわことば

1件 の用語解説(廓言葉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廓言葉
くるわことば

江戸時代に,遊里で遊女が用いた特殊な位相語。「廓なまり」「里言葉」ともいう。遊女の出身地のなまりを隠し,平等に客に接するようにとの配慮からといわれている。「アリンス」「アリイス」 (←アリマス) ,「ゴザンス」 (尊敬) ,「行カシャンス」 (お行きになる) ,「ワチキ」 (自称) ,「ワッチ」 (自称) ,「ヌシ」 (対称) などが用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の廓言葉の言及

【隠語】より

…このため隠語は卑俗になる傾向があり,また自在に転用活用がはかられて持続性に乏しい。しかし,女房言葉や遊女の〈廓言葉(アリンス言葉)〉のように上品な表現を目ざすものもある。 隠語は名詞が圧倒的に多く,方言などと異なり語彙的な現象にとどまる。…

【里ことば】より

…一般には〈いなかことば〉の意味であるが,江戸時代には遊郭で遊女らの用いた特殊なことばづかい,および遊郭内での隠語的語彙(ごい)をさし,くるわことば,里なまり,遊里語ともいう。江戸吉原に行われたものがもっとも有名であるが,京都,大坂や岡場所でも用いられた。特殊なことばづかいを,吉原の例で示せば〈ありんす(あります)〉〈ざんす(ございます)〉などである。吉原の里ことばは,諸国から集まる遊女の生国の方言やなまりをかくすためにつくられたことばとも,また俠客(きようかく)らの用いた六方詞(ろつぽうことば)のなまりとも,あるいは吉原開設のおりに駿府(静岡)や京都から来た遊女の方言が残ったものともいう。…

【女性語】より

…女のことば。女と男のことばの違いは世界の諸言語に多少とも認められるが,日本語ほどいちじるしい言語は少ないといわれる。日本の女性語の特徴として,(1)太く低い男の声に対して細く高い,(2)抑揚の変化に富む,(3)露骨,乱暴な言い方を避けて,遠まわしでていねいな言い方を好む,(4)男の使わない語を使う,などがあげられる。(1)と(2)は女性の生理・心理的条件によるもので,世界の諸言語に共通の特徴と認められる。…

※「廓言葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone