コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延任 エンニン

大辞林 第三版の解説

えんにん【延任】

国司など地方官の任期が満了となったとき、さらに一、二年留任すること。特に平安中期以降、官職が一種の利権のようになり、盛んに行われた。 → 重任ちようにん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の延任の言及

【成功】より

…時代が下ると成功の対象となる官職の数も増すとともに上級に伸び,国司の守(受領),諸寮司の長官にまで及んだ。また成功によって国守(任期4年)を再任することも行われこれを重任(ちようにん)といい,同じく任期を延ばすことを延任と称した。成功による任官が増すと任料が下落し,そのためさらに数を増すといった悪循環を批判されながら鎌倉時代に及んだ。…

※「延任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

延任の関連キーワード知行国紀夏井重任