コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重任 ちょうにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重任
ちょうにん

任期満了後も,なお引続いて同一官職に任じること。平安時代中期以降国家財政が窮乏するにつれて売官による重任が盛んになった。成功 (じょうごう) により受領 (ずりょう) に重任されることを求めるものが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐にん〔ヂユウ‐〕【重任】

[名](スル)
重要な職務・任務。大任。「重任を果たす」
任期が終わったのち、同じ職務任務に続いて就くこと。ちょうにん。

ちょう‐にん【重任】

[名](スル)
じゅうにん(重任)2
平安中期以降、国司が任期満了にあたり、財貨を納入したりして、さらに任期を重ねること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

重任【ちょうにん】

任期満了の官職に重ねて任じること。平安中期以降,蓄財や在地支配に成功した国司に重任希望者が多く,金銭の納入や公共工事を負担させ,かわりに重任を認めた。後三条天皇はこれを禁止したが,院政期には造寺による重任が盛んに行われ,鎌倉時代に及んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうにん【重任】

( 名 ) スル
重要な任務。大任。
引き続きその職務につくこと。再任。 「 -することを妨げない」 → ちょうにん(重任)

ちょうにん【重任】

官職の任期満了後、重ねて同じ官職に任ぜられること。特に平安中期以降、国司が財物を官に納めてさらに一任期を再任されたこと。 → 延任
じゅうにん(重任) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重任
ちょうにん

一般には任期満了後、重ねてもとの官職に就任することをいう。平安時代には、重任といえばすぐ受領(ずりょう)を連想するほどに国司の任に多かった。国司の任期は令(りょう)制では6年で、その後4年となったが、任期中に造営の功により、あるいはまた献金、貢物などをして重任を願い、宣旨(せんじ)によって許可された。焼亡した内裏(だいり)の復興、御願寺(ごがんじ)の建立、内裏大垣や諸門の修理など、受領の財力に負うところが大きい。[渡辺直彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の重任の言及

【成功】より

…時代が下ると成功の対象となる官職の数も増すとともに上級に伸び,国司の守(受領),諸寮司の長官にまで及んだ。また成功によって国守(任期4年)を再任することも行われこれを重任(ちようにん)といい,同じく任期を延ばすことを延任と称した。成功による任官が増すと任料が下落し,そのためさらに数を増すといった悪循環を批判されながら鎌倉時代に及んだ。…

※「重任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重任の関連キーワード相府蓮・想夫恋・想夫憐エドワード オハプ丹羽 喬四郎大山 デブ子ストラテゴス大山デブ子遠藤 庸治渡辺重石丸田中耕太郎新庄季俊藤原保昌藤原基隆那須俊平葛城彦一柿沢勇記遠藤庸治国士無双造国司棟梁臣大対盧

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android