重任(読み)ちょうにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重任
ちょうにん

任期満了後も,なお引続いて同一官職に任じること。平安時代中期以降国家財政が窮乏するにつれて売官による重任が盛んになった。成功 (じょうごう) により受領 (ずりょう) に重任されることを求めるものが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐にん〔ヂユウ‐〕【重任】

[名](スル)
重要な職務・任務。大任。「重任を果たす」
任期が終わったのち、同じ職務任務に続いて就くこと。ちょうにん。

ちょう‐にん【重任】

[名](スル)
じゅうにん(重任)2
平安中期以降、国司が任期満了にあたり、財貨納入したりして、さらに任期を重ねること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

重任【ちょうにん】

任期満了の官職に重ねて任じること。平安中期以降,蓄財や在地支配に成功した国司に重任希望者が多く,金銭の納入や公共工事を負担させ,かわりに重任を認めた。後三条天皇はこれを禁止したが,院政期には造寺による重任が盛んに行われ,鎌倉時代に及んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重任
ちょうにん

一般には任期満了後、重ねてもとの官職に就任することをいう。平安時代には、重任といえばすぐ受領(ずりょう)を連想するほどに国司の任に多かった。国司の任期は令(りょう)制では6年で、その後4年となったが、任期中に造営の功により、あるいはまた献金、貢物などをして重任を願い、宣旨(せんじ)によって許可された。焼亡した内裏(だいり)の復興、御願寺(ごがんじ)の建立、内裏大垣や諸門の修理など、受領の財力に負うところが大きい。

[渡辺直彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐にん ヂュウ‥【重任】

〘名〙
① 重大な任務。重い役目。大任。
※済北集(1346頃か)一三・蔵山祭光首座「常思重任必有堪」
※サントスの御作業(1591)一「タダ イマ ネンレイ サカンナル イノチヲ ステンヨリワ giǔnin(ヂュウニン) タイキノ ヒトニ アイセラレテ ヨヲ トヲリ」 〔史記‐信陵君伝〕
② かさねて任に就くこと。引き続き同じ職務につくこと。〔官職難儀(1563頃)〕

ちょう‐にん【重任】

〘名〙 (「ちょう」は「重」の漢音)
① (━する) 引きつづき同じ職務上の地位に就くこと。特に、平安中期以降、国司が任期の四年を終えたのち、財貨を納入したり、造営など公的工事を請け負ったりして、その任にとどまること。じゅうにん。
※東南院文書‐貞観六年(864)正月一三日・僧綱牒「件僧属於造運修理大殿雑材之事、従去年冬入深杣。其事未畢、今年秩満。望請、重任令其事者。仍重任如件」
※百寮訓要抄(1368‐88頃)「諸国〈略〉よき国司をば重任とてかさねて又四ケ年をたぶ。又延任とて任をのべらるる事もあり」
② 重大な任務。重い役目。大任。じゅうにん。
※続日本紀‐天平一三年(741)三月乙巳「朕以薄徳忝承重任
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉四「不肖の身を以て徒に重任(チョウニン)を辱しめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

重任
ちょうにん

平安中期以後に盛行した売官の一つ
任期のある官職についている律令官人が財物を納めて,あるいは公的造営に奉仕して任期をもう1期延長すること。収益の多い国司に著しく,後三条天皇の禁止も効なく,鎌倉時代まで行われた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の重任の言及

【成功】より

…時代が下ると成功の対象となる官職の数も増すとともに上級に伸び,国司の守(受領),諸寮司の長官にまで及んだ。また成功によって国守(任期4年)を再任することも行われこれを重任(ちようにん)といい,同じく任期を延ばすことを延任と称した。成功による任官が増すと任料が下落し,そのためさらに数を増すといった悪循環を批判されながら鎌倉時代に及んだ。…

※「重任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報