建国会(読み)けんこくかい

世界大百科事典 第2版の解説

けんこくかい【建国会】

赤尾敏を中心とする右翼団体。1925年ころ,社会主義的方向から〈皇室中心の国家主義運動〉へと転じた赤尾は,左翼のメーデーに対抗して,建国祭挙行の必要を各方面に説き,26年2月11日,第1回建国祭を挙行した。と同時に赤尾はそれとは別に建国会を創立した(会長上杉慎吉,顧問頭山満・平沼騏一郎ら,理事長赤尾,書記長津久井竜雄)。その後,赤尾らの反ソ・反共の過激な直接行動への不満から,上杉をはじめ有力者が脱会し,赤尾の個人的団体の色彩を濃くした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の建国会の言及

【赤尾敏】より

…その後,転向して上杉慎吉や高畠素之の一派と交わる。労農運動の高揚に対抗するため,上杉や高畠らをかついで,1926年第1回建国祭を行うとともに建国会を結成。以後同会指導者として政党政治廃止や反共を主張した。…

※「建国会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建国会の関連情報