弁舌流るるが如し(読み)べんぜつながるるがごとし

精選版 日本国語大辞典の解説

べんぜつ【弁舌】=流(なが)るるが[=滝(たき)の]如(ごと)

雄弁でことばのよどみがないさまを、流水にたとえていう。
※咄本・万の宝(1780)序「けふをはなしの三番叟、弁舌(ベンゼツ)ながるる滝の水」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android