式部の少輔(読み)しきぶのしょう

精選版 日本国語大辞典「式部の少輔」の解説

しきぶ【式部】 の 少輔(しょう)

式部省の次官二人の中の下位の者。従五位下相当。大輔と同様、儒道の家の人が任ぜられるのが例である。
※文華秀麗集(818)序「従五位上行式部少輔兼阿波守」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「俊蔭、ありしことの限り奏すれば、帝哀がり、興ぜさせ給て、式部少輔になされぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android