コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引っ熟す ヒッコナス

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐こな・す【引っ熟す】

[動サ四]
自分の思うままにあしらう。
「たのむとばかり―・す文章も」〈浄・聖徳太子〉
軽く扱う。ばかにする。
「小姑(こじうと)を―・した」〈浄・歌軍法〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっこなす【引っ熟す】

( 動四 )
〔「ひきこなす」の転〕
軽んずる。ばかにする。 「人をまあ、お下婢はしたかの何のと、-・した物の言ひやう/浄瑠璃・妹背山」
意のままに扱う。 「この目録に引合せ頼むとばかり-・す、文章も誠の夫婦恋を離れし恋の底/浄瑠璃・聖徳太子」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone