コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)入れ ヒキイレ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐いれ【引(き)入れ】

引き入れること。誘ったり導いたりして中に入れること。
元服の儀式のとき、冠をかぶらせること。また、その役をする人。烏帽子親(えぼしおや)。
「―には閑院内大臣ぞおはしましける」〈栄花・初花〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

引(き)入れの関連キーワード国民民主党[ポーランド]ロールオン・ロールオフ船アンナ・レオポルドブナ意気ちょん・粋ちょんトロイ戦争[神話]民主党[ラトビア]コーンウォリスリン(霊)渠ハシディズムトラウグート韓ソ共同宣言双城摠管府同期電動機ラオコオンカーギュ派タルペイアラオコーン一齣・一闋ウェルドコリニー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android