初花(読み)ハツハナ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐はな【初花】

その季節に初めて咲く花。
その草木に初めて咲く花。
その春に初めて咲く花。多くにいう。 春》「―や大仏みちの人通り/万太郎
17、8歳ごろの若い女性。
初潮(しょちょう)のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はつはな【初花】

新潟の日本酒。酒名は、近くを流れる加治川岸に咲く桜花の姿を高品質の酒質にたとえて命名。大吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒がある。平成8、10、12、13年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は五百万石。仕込み水は飯豊(いいで)山系伏流水蔵元の「金升酒造」は文政5年(1822)創業。所在地は新発田市豊町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

はつはな【初花】

その季節になって最初に咲く花。また、その草木に初めて咲く花。
その年初めて咲いた桜の花。初桜。 [季] 春。
年ごろになったばかりの娘。
初潮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うい‐ばな うひ‥【初花】

〘名〙 その木に初めて咲いた。はつはな。
※貫之集(945頃)七「うひばな咲ける紅梅を折りて『ことしなん咲きはじめたる』といひいだしたるに」

はつ‐はな【初花】

〘名〙
① 春になって、最初に咲く花。《季・春》
※古今(905‐914)春上・一二「谷風にとくる氷のひまごとに打ち出づるなみやはるのはつ花〈源当純〉」
② その季節になって最初に咲く花。
※万葉(8C後)一八・四一一一「ほととぎす 鳴く五月には 波都波奈(ハツハナ)を 枝に手折りて」
③ その草木に初めて咲く花。咲きはじめの花。
※万葉(8C後)四・六三〇「初花(はつはな)の散るべきものを人言の繁きによりてよどむころかも」
④ その年になって最初に咲く桜の花。また、咲いて間もないころの桜の花。初桜。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
⑤ 一八、九歳頃の少女をたとえていう語。初桜。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「十八九なる顔好花、今さき出しのはつ花に」
初潮。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初花の関連情報