コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)切り ヒキキリ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐きり【引(き)切り】

《「ひきぎり」とも》
[名]
手元に引くようにして切ること。
茶道で、茶釜の蓋をのせておく竹製の蓋置(ふたおき)。
引き切り鋸(のこぎり)」の略。
[名・形動ナリ]せっかちでゆとりのないこと。また、そのさま。性急。
「女のかく―なるも、かへりては軽くおぼゆるわざなり」〈・夕霧〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone