引(き)切り(読み)ヒキキリ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐きり【引(き)切り】

《「ひきぎり」とも》
[名]
手元に引くようにして切ること。
茶道で、茶釜の蓋をのせておく竹製の蓋置(ふたおき)。
引き切り鋸(のこぎり)」の略。
[名・形動ナリ]せっかちでゆとりのないこと。また、そのさま。性急。
「女のかく―なるも、かへりては軽くおぼゆるわざなり」〈夕霧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android