コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕霧 セキム

8件 の用語解説(夕霧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せき‐む【夕霧】

夕方にかかる霧。ゆうぎり。

ゆう‐ぎり〔ゆふ‐〕【夕霧】

夕方に立つ霧。 秋》

ゆうぎり【夕霧】[書名・浄瑠璃]

源氏物語第39巻の巻名。光源氏50歳。夕霧の柏木未亡人に対する不首尾に終わった恋を描く。
源氏物語の登場人物。光源氏葵の上との子。左大臣となる。雲井の雁(かり)の夫。
[1654~1678]江戸前期の遊女。大坂新町扇屋の太夫職の名妓(めいぎ)。死後、歌舞伎人形浄瑠璃などで多くの追善狂言が作られた。
をモデルとした浄瑠璃、およびそれによる歌舞伎舞踊の通称。近松門左衛門の「夕霧阿波鳴渡」や、その吉田屋の段をもとにした、薗八節「ゆかりの月見」、富本清元節「春夜障子梅」、常磐津節「其扇屋浮名恋風」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夕霧 ゆうぎり

?-1678 江戸時代前期の遊女。
扇屋四郎兵衛抱えの太夫(たゆう)。京都島原から寛文12年(1672)大坂新町にうつる。延宝6年1月6日病没,享年は22歳とも27歳ともいう。本名は照。没後ただちに歌舞伎で「夕霧名残の正月」が上演される。浄瑠璃(じょうるり)にも脚色され,近松門左衛門の「夕霧阿波(あわ)の鳴渡(なると)」などが有名。劇中にでる夕霧の恋人藤屋伊左衛門は実在しない。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

夕霧

没年:延宝6.1.6(1678.2.26)
生年:明暦3(1657)
江戸前期の遊女。京都島原の扇屋四郎兵衛抱えで美人の名が高く,寛文12(1672)年抱え主が大坂新町へ移るのに同行した。大坂でも人気が高く,客をさばき切れないため,先乗りの女郎に座をもたせたが,これが引舟女郎の初例という。その死を惜しんで,2月3日には早くも追善の歌舞伎『夕霧名残の正月』が上演され,恋人役として阿波の大尽藤屋伊左衛門が登場。以後歌舞伎や浄瑠璃にこの恋物語が数多く脚色され,近松門左衛門の「三世相」(存疑),「夕霧阿波鳴渡」(1712年初演),近松半二らが,これを翻案した合作「傾城阿波の鳴門」や,その改作で今日も親しまれている外題「廓文章」などが知られる。享年は27歳ともいう。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せきむ【夕霧】

夕方に立つ霧。ゆうぎり。

ゆうぎり【夕霧】

夕方にたちこめる霧。 ↔ 朝霧 [季] 秋。 《 一藪は別の-かかるなり /一茶 》

ゆうぎり【夕霧】

源氏物語の巻名。第三九帖。
○ 源氏物語の作中人物。光源氏と葵の上との子。妻は雲井の雁かり。実直な性格で、左大臣となる。大学の君。冠者かざの君。
○1654~1678) 大坂新町の扇屋の遊女。容姿が美しく諸芸に秀でた理想的な女性であったという。死後、これをモデルとした浮世草子・浄瑠璃・歌舞伎が多く作られ、近松の「夕霧阿波鳴渡」が有名。
歌舞伎舞踊の一。近松門左衛門の「夕霧阿波鳴渡」の中の吉田屋の段を舞踊化したもので、富本・常磐津・清元・新内などに数多く作曲されている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夕霧の関連キーワード尼坂好道遊女桜木遊女評判記大橋島原模様四郎兵衛出口花扇高島四郎兵衛(2代)高島四郎兵衛(3代)

夕霧の関連情報