夕霧(読み)ゆうぎり

精選版 日本国語大辞典 「夕霧」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐ぎり ゆふ‥【夕霧】

[1] 夕方に立つ霧。⇔朝霧。《季・秋》
万葉(8C後)一四・三五七〇「蘆の葉に由布宜利(ユフギリ)たちて鴨が音の寒き夕へし汝をは偲はむ」
[2]
[一] 「源氏物語」第三九帖の名。光源氏五〇歳の八月から冬まで。夕霧の柏木未亡人落葉宮への思慕と、二人の行く先を悲嘆した落葉宮の母御息所の死、夕霧夫人雲居雁の嫉妬立腹を描く。
[二] 「源氏物語」の登場人物。光源氏の長男。母は葵上。父の方針で大学に学び、まめ人として成長、幼なじみ雲居雁との恋を成就させる。のち、柏木の未亡人落葉宮とも結婚。右大臣、竹河の巻によれば左大臣に至る。
[三] 江戸時代、大坂新町扇屋四郎兵衛抱えの名妓。名は照。藤屋伊左衛門との情話につくられて浄瑠璃歌舞伎などに取り上げられた。延宝六年(一六七八)没。
[四] (三)と伊左衛門の情話を扱った薗八節「ゆかりの月見」、富本節清元節「春夜障子梅」、常磐津節「其扇屋浮名恋風」、新内節「夕霧廓文章」などの通称。

せき‐む【夕霧】

〘名〙 夕方の霧。ゆうぎり。
懐風藻(751)七夕吉智首〉「菊風披夕霧、桂月照蘭州
平家(13C前)七「孤嶋に夕霧(セキム)〈高良本ルビ〉隔て、月海上にうかべり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「夕霧」の意味・読み・例文・類語

ゆうぎり【夕霧】[書名・浄瑠璃]

源氏物語第39巻の巻名。光源氏50歳。夕霧の柏木未亡人に対する不首尾に終わった恋を描く。
源氏物語の登場人物。光源氏葵の上との子。左大臣となる。雲井のかりの夫。
[1654~1678]江戸前期の遊女。大坂新町扇屋の太夫職の名妓めいぎ死後歌舞伎人形浄瑠璃などで多くの追善狂言が作られた。
をモデルとした浄瑠璃、およびそれによる歌舞伎舞踊の通称。近松門左衛門の「夕霧阿波鳴渡」や、その吉田屋の段をもとにした、薗八節「ゆかりの月見」、富本清元節「春夜障子梅」、常磐津節「其扇屋浮名恋風」など。

ゆう‐ぎり〔ゆふ‐〕【夕霧】

夕方に立つ霧。 秋》
[類語]ガススモッグ雲霧朝霧夜霧狭霧海霧かいむ海霧うみぎり煙霧濃霧

せき‐む【夕霧】

夕方にかかる霧。ゆうぎり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典 「夕霧」の解説

夕霧

没年:延宝6.1.6(1678.2.26)
生年:明暦3(1657)
江戸前期の遊女。京都島原の扇屋四郎兵衛抱えで美人の名が高く,寛文12(1672)年抱え主が大坂新町へ移るのに同行した。大坂でも人気が高く,客をさばき切れないため,先乗りの女郎に座をもたせたが,これが引舟女郎の初例という。その死を惜しんで,2月3日には早くも追善の歌舞伎『夕霧名残の正月』が上演され,恋人役として阿波の大尽藤屋伊左衛門が登場。以後歌舞伎や浄瑠璃にこの恋物語が数多く脚色され,近松門左衛門の「三世相」(存疑),「夕霧阿波鳴渡」(1712年初演),近松半二らが,これを翻案した合作「傾城阿波の鳴門」や,その改作で今日も親しまれている外題「廓文章」などが知られる。享年は27歳ともいう。

(宇田敏彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「夕霧」の解説

夕霧 ゆうぎり

?-1678 江戸時代前期の遊女。
扇屋四郎兵衛抱えの太夫(たゆう)。京都島原から寛文12年(1672)大坂新町にうつる。延宝6年1月6日病没,享年は22歳とも27歳ともいう。本名は照。没後ただちに歌舞伎で「夕霧名残の正月」が上演される。浄瑠璃(じょうるり)にも脚色され,近松門左衛門の「夕霧阿波(あわ)の鳴渡(なると)」などが有名。劇中にでる夕霧の恋人藤屋伊左衛門は実在しない。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典 「夕霧」の解説

夕霧
(通称)
ゆうぎり

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
夕霧名残の正月 など
初演
延宝6.2(大坂・荒木与次兵衛座)

夕霧
(別題)
ゆうぎり

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
翻詞廓文章
初演
文久3.9(江戸・中村座)

夕霧
ゆうぎり

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
宝永5.10(京・亀屋座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

普及版 字通 「夕霧」の読み・字形・画数・意味

【夕霧】せきむ

夕ぎり。

字通「夕」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android