引捲(読み)ひきまくる

精選版 日本国語大辞典「引捲」の解説

ひき‐まく・る【引捲】

〘他ラ四〙 ひっぱってまくる。手荒くまくる。勢いよくまくる。ひんまくる。〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・源平布引滝(1749)三「絹引まくればコハいかに、朱にそまりし女の肘」

ひき‐めく・る【引捲】

〘他ラ四〙 引っぱってめくる。手荒く巻きあげる。また、手荒くはがす。ひんめくる。〔名語記(1275)〕
※虎寛本狂言・子盗人(室町末‐近世初)「を引めくらう、めりりめりり」

ひん‐めく・る【引捲】

〘他ラ五(四)〙 「ひきめくる(引捲)」の変化した語。
※洒落本・辰巳婦言(1798)四つ明の部「こっちらの屏風をひんめくって大あぐらで居る人物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android