コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰巳婦言 たつみふげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辰巳婦言
たつみふげん

洒落本式亭三馬作。1冊。寛政 10 (1798) 年刊角書に「石場妓談」とあるように,江戸の遊里深川古石場を舞台とする。おとまという遊女に,藤兵衛,喜之助,長五郎という3人の客を配し,おのおのの手管 (てくだ) の知恵比べを,時間設定も朝,昼,宵とずらして書き分けている。三馬の洒落本中の初作だが,山東京伝の影響が大きい。文化3 (1806) 年刊『船頭深話』,同4年刊『船頭部屋』はこの書の続編である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

辰巳婦言の関連キーワード呆れが宙返りをする斜掛け・斜掛強的・豪的ちゃらかす天道干しごぜえす上げ下げ筑羅が沖手無し探題ふ与太郎出し物こだる悪茶利不足前直す力みまぶ通屈板元