コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥三郎婆 やさぶろうばば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥三郎婆 やさぶろうばば

伝説上の人物。
越後(えちご)(新潟県)の猟師弥三郎の母。墓をあばいて死体をくう老婆。ある夜怪物となって弥三郎をおそい,腕をきりおとされるとそれをもってにげ,弥彦(やひこ)山で200年いきつづけた。のちにくいあらためて神になり,弥彦村の宝光院に妙多羅(みょうたら)天女像としてまつられたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android