張謇(読み)ちょうけん(英語表記)Zhāng Jiǎn

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうけん【張謇 Zhāng Jiǎn】

1853‐1926
中国の実業家,政治家。江蘇省南通の人。字は季直。光緒20年(1894)の進士,翰林院修撰として,日清戦争に対する李鴻章の妥協策を弾劾した。のち実業振興を志して,官途を断念し,大通に紡績工場を経営,その他,干拓汽船鉄工等の企業を経営し,民族資本上層部の代表的人物,江南実業界の大立者となる。師範学校等各種の学校,図書館,博物館の設立等,文化教育事業にも活躍し,中央教育会会長になったことがある。政治的には立憲君主制を主張し,清末の立憲運動を指導し,国内の立憲派の中心人物となり,江蘇諮議局議長となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android