コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官途 カント

デジタル大辞泉の解説

かん‐と〔クワン‐〕【官途】

《古くは「かんど」》
官吏の職務、または地位。官職。
鎌倉時代、受領(ずりょう)に対して、京官の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんと【官途】

〔「かんど」とも〕
官吏としての仕事や地位。 「 -に就く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

官途の関連キーワードルック・バン・ティエン(陸雲仙)バヤン(中国、元朝の功臣)ファン・タイン・ザンアクサーコフ李【ぜん】慶元の党禁丸山 作楽官途推挙状職を奉ずる斯波義将大内盛見藤原周光藤原為時大内義長細川持賢藤原通憲斯波家兼鹿島幹重丸山作楽プリヤイ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android