官途(読み)かんと

精選版 日本国語大辞典「官途」の解説

かん‐と クヮン‥【官途】

〘名〙 (古くは「かんど」とも)
官吏としての職務または地位官職官位
※平治(1220頃か)上「又官途のみにあらず、奉祿も猶心のまま也」 〔白居易‐香爐峯下新卜山居題東壁重題詩〕
② (━する) 仕官の道。官吏となること。仕途。
※御湯殿上日記‐明応八年(1499)八月一二日「山ふしくわんとの御れい二千疋まいる」
※日葡辞書(1603‐04)「Quando(クヮンド) スル」
③ 鎌倉時代、受領に対して、京官をいう。
※吾妻鏡‐正治二年(1200)九月二五日「山城三郎行村等、日来所望官途事、仍所申靫負尉也」
④ 室町時代以降、庶民が成人し、その属する集団の有資格者と認められるために宮座・村落などに申請して与えられる、衛門(えもん)・尉(じょう)などの名。その名を名乗る儀礼を官途成(かんどなり)という。
※本福寺門徒記(1560頃)「その弟近藤といふ。官途(クヮント)して三郎衛門といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android