コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強度率 きょうどりつseverity rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強度率
きょうどりつ
severity rate

労働災害による労働日数の損失によって災害の重軽度を表わすもので,1000労働時間あたりの労働損失日数で表示され,数値が大きいほど災害の程度が大きいことを示している。
強度率= (損失日数÷稼働延べ時間) × 1000
損失日数とは,災害によって就業できなくなった日数をいい,死亡は 7500日とし,永久全労働不能者または永久一部労働不能者に対しては,身体障害等級に従って損失日数を算出し,休業3日以上の一時全労働不能者に対しては,その休業日数をもって損失日数とする。 1990年の全産業平均 0.18,林業 0.73,鉱業 0.50,建設業総合工事業 1.71。建設業職別では,設備工事業 0.16,製造業 0.14,電気・ガス・熱供給・水道業 0.02,運輸・通信業 0.39,サービス業 0.28。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

強度率の関連キーワード林業労働者鉱山災害労働災害

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android