日数(読み)ひかず

精選版 日本国語大辞典「日数」の解説

ひ‐かず【日数】

[1] 〘名〙
① 経過した、またはこれから要するひにちの。にっすう。また、何日かの日の数。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「各、其の長短(なかさみしかさ)の随(まにまに)其の日数(ヒカス)を定む」
※源氏(1001‐14頃)明石「かたみにぞかふべかりけるあふことの日かすへたてん中のころもを」
② 死後、四九日目。中陰。また、その法要。
※増鏡(1368‐76頃)八「故院の御日かずも程なう過ぎ給ひぬ」
[2] 鎧(よろい)の名。
※保元(1220頃か)上「重代相伝仕って候月数・日数・源太が生衣」

にっ‐すう【日数】

〘名〙 ひにちの数。経過する日の数。ひかず。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉四「今此一年を、日数にて数ふる時は、平年三百六十五日にして」 〔管子‐地図〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android