コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当量伝導率 とうりょうでんどうりつequivalent conductivity

世界大百科事典 第2版の解説

とうりょうでんどうりつ【当量伝導率 equivalent conductivity】

当量導電度ともいう。電解質溶液の1グラム当量の導電性を表す量で,溶質1グラム当量を含む電解質溶液の体積と比電気伝導率との積として示され,単位はふつうcm2/Ωが用いられる。ここで比電気伝導率は比抵抗の逆数である。当量伝導率は希釈度の増大および温度の上昇に伴って増大する。【日向 実保】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

当量伝導率の関連キーワードネルンストの式(拡散定数)オンサガーの伝導度の公式コールラウシュの法則当量電気伝導率コールラウシュ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android