体積(読み)たいせき(英語表記)volume

翻訳|volume

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体積
たいせき
volume

空間において面によって囲まれた領域の広がりを表わす量。立体の体積は,立方体の体積をもとにしてはかれるが,一般には積分で考えなければならない。 (1) x 軸に垂直な平面による切り口の面積が x の関数 f(x) で表わされるような立体の2平面 xaxb の間にはさまれた部分の体積 V は,直交座標を用いると
で与えられる。 (2) xy 平面上の曲線 yf(x) と2直線 xaxb および x 軸に囲まれた部分が,x 軸のまわりに回転してできる回転体の体積 V
である。 (3) 3次元空間において,閉曲面によって囲まれた領域 D の体積 V は,直交座標を用いて
で与えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

体積【たいせき】

立体が占める空間部分の大きさ。単位長さの辺をもつ立方体の体積を単位として表す(m3など)。立体を微小立方体に切り分けその体積を加えることによって求められ,一般には積分によって計算する。→長さ面積
→関連項目求積法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいせき【体積 volume】

空間の部分を囲む図形の大きさを,単位の長さをもつ線分を1辺とする立方体の大きさを基準として測ったときの数値が,その図形の体積であると通常は説明されているが,図形の大きさについては何も述べられていないので,この説明をもって体積の定義とするのは無理である。そこで数学では積分を用いて体積を定義する。すなわち,空間の有限の範囲内に集合Kがあるとき,Kを含む直方体Iをとって,Iの点Pに対し,PKに属せばφ(P)=1,そうでなければφ(P)=0として関数φ(P)を定義し,この関数がI上で積分可能ならばKは体積確定であるといい,その値をKの体積という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

体積
たいせき

立体が占める空間の大きさのこと。立体Dの体積というのは、一辺の長さ1の立方体の体積を1として、Dがそのいくつ分に当たるかを示すものである。体積の計算の原理は次のようである。〔1〕二つの立体D1、D2をあわせてできる立体の体積は、D1、D2の体積の和に等しい。〔2〕D2がD1の一部分のとき、D2の体積はD1の体積より大きくない。〔3〕合同な二つの立体の体積は等しい。[栗田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

体積の関連情報