コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視野 しやvisual field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視野
しや
visual field

眼球を動かさないで見える範囲,すなわち視覚の広がりをいう。視野の広さは,視線を基準としてここからの視角で表わす。測定には通常,視野計が用いられる。単眼視野 (一眼で見える全範囲) はおよそ上方 60°,下方 70°,内方 60°,外方 90~100°程度である。色調を弁別しうる視野の広さを特に色視野と呼ぶが,緑について最も狭く,次いで赤,さらに黄,青となる。このように,視野の内部に視機能の差異がある。通常,視機能は視野の周辺部より中心部が高い。視機能の分布を量的に測定する方法に量的視野測定法がある。この方法は,網膜,視路,視覚中枢の障害,特に緑内障の初期診断に重要である。なお中心視野には,視神経乳頭に一致してマリオット盲点がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐や【視野】

外界の一点を凝視するとき、その点を中心として見える範囲。視力の及ぶ範囲。「視野が開ける」「視野を遮る」
顕微鏡・望遠鏡・写真機などの、レンズで見ることのできる範囲。
物事を考えたり判断したりする範囲。「視野の狭い人」「国際的な視野に立つ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

視野【しや】

1眼で眼前正面の1点を注視している時に見える空間の範囲を視野または単眼視野という。視野は普通,注視線に対し内方65°,外方100°〜104°,上方65°,下方75°の範囲にあるが個人差がある。
→関連項目半盲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しや【視野 visual field】

眼を動かさないで見ることのできる範囲をいう。しかし見える範囲の視覚感度は一様ではなく,視野の大きさや輝度などによっても変化しうるため,現在では,視野は平面的でなく,立体的なものとしてとらえられている。これを量的視野といい,〈目の海に浮かぶ視覚の島〉と表現される。すなわち,視線に当たるところは尖塔のように視覚感度はとびぬけて良好で,その外側15度付近には垂直の穴があり,中心から周辺に向かってなだらかに傾斜し,やがて断崖のようにきりたって,最後は一気に海中に没するように視覚感度は0となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しや【視野】

一点に視線を固定したままの状態で見ることのできる範囲。視界。 「全景を-におさめる」
望遠鏡・顕微鏡などで像の見える範囲。
思慮や判断の及ぶ範囲。識見。 「広い-から判断する」
起こりうる可能性として考慮すべき範囲。 「交渉再開も-に入れる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視野
しや
visual field

1点を注視したとき、眼球を動かさずに見ることのできる範囲をいう。視線の方向にあるものははっきり見え、これを中心視野という。また周辺にあるものはぼやけて見えるが像の存在は知ることができる。これを周辺視野という。視野の範囲は視線からの角度で表し、単眼視のときの視野は上方60度、内方60度、下方70度、外方100度である。また視野の広さは色によって異なり、白がもっとも広く、青、黄(赤)、緑の順に狭くなる。普通、視野といえば白色視標で計った視野をさす。視野は視標の大きさ・明るさを変えると変化するが、同じ条件の視標で得られた点を結んでできる線を等感度線(イソプターisopter)といい、地図の等高線と同様のものである。
 なお、視覚路における障害が視野の異常となって現れるが、病的視野変化には、視野欠損、視野狭窄(きょうさく)、半盲、暗点などがある。[太田安雄]

視野計

視野を測定する器械をいう。周辺視野の測定にはフェルステルFrster視野計を用いるが、球面のなかの固視点を注視し、弧に沿って動く視標を、視線からの角度で表すようになっている。中心視野の測定にはブエルムBjerrum平面視野計を用いるが、球面の度を平面に投射したものであり、30度以内の視野を調べる。視野は視標の面積、色、輝度、視野面の明るさなどによって変化するが、視野を量的に測定する器械を量的視野計といい、その代表的なものにゴールドマンGoldmann視野計がある。量的視野の測定には二つの方法があり、一定の条件の視標を見えない部分から動かしていき、見え始めた位置を記録するものを動的視野計測、視野内の同一箇所に視標を静止させ、明るさのみをしだいに変えて視標を呈示し、初めて見えた視標条件をその位置に記録するものを静的視野計測という。[太田安雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の視野の言及

【目∥眼】より

…錐状体は網膜の中心部に多く,明るいところで働き,色を感ずる。杆状体は視野の20度から30度にあたる周辺部に最も多く分布し,暗いところで働き,主として明暗を感じ,色を感じない(図7)。(1)色覚と光覚 視覚には色覚と光覚がある。…

※「視野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

視野の関連キーワードサイト・デベロップメントグローバルマネージメントファインダー視野率パースペクティブアストロメトリーハイアイポイントクロスフィルターフィックの現象求心性視野狭窄限外顕微鏡広角レンズレチクル座光学ズーム島国根性大所高所視覚障害視神経炎視力障害視野狭窄レチクル

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視野の関連情報