コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦国葺 ひこくにふく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彦国葺 ひこくにふく

記・紀にみえる武人
和珥(わにの)臣の遠祖。崇神(すじん)天皇の命をうけ,謀反をおこした武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと)とその妻吾田媛(あたひめ)を大彦命(おおひこのみこと)とともに討つ。垂仁(すいにん)天皇のとき,五大夫(まえつきみ)のひとりであったとある。「古事記」では日子国夫玖命。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

彦国葺の関連キーワード大矢田宿禰塩乗津彦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android