謀反(読み)ムホン

デジタル大辞泉「謀反」の解説

む‐ほん【謀反/謀×叛】

[名](スル)
時の為政者反逆すること。国家朝廷君主にそむいてを挙げること。八虐規定では国家に対する反逆をいい、「謀叛」のを用い、謀反(むへん)謀大逆(ぼうたいぎゃく)に次いで3番目の重罪とされる。
ひそかに計画して事を起こすこと。

ぼう‐へん【謀反】

むへん(謀反)

む‐へん【謀反】

律の八虐の一。国家の転覆をはかること。ぼうへん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「謀反」の解説

ぼう‐へん【謀反】

〘名〙 律における八虐の筆頭。天皇を害しようと謀ること。この罪を犯した者は斬、その父子は没官、祖・孫・兄弟は遠流にされ、家人・資財・田宅は官に没収され、最も重い犯罪とされた。むへん。〔律(718)〕

む‐へん【謀反】

〘名〙 律に規定する八虐の第一番目の重罪。天皇を殺害し、国家を顛覆しようとする罪。君主に対する殺人予備罪。犯人は斬に処される。ぼうへん。
※律(718)賊盗「凡謀反及大逆者、皆斬」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「謀反」の解説

謀反
ぼうはん

八虐の第1。律の用語。「むほん」とも読む。天皇に対する殺人予備罪をいう。「賊盗律」によれば,首謀者,共謀者とも極刑の斬罪に処せられる。 (→律疏残篇 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「謀反」の解説

むへん【謀反】

日本律の八虐(はちぎやく)の冒頭に規定された犯罪。天皇の廃位やその身体に危害を加えることを計画し,またはそれとの関連で武力による現政権の転覆を予備・陰謀する罪をいう。謀反の刑は,大逆の罪(天皇の陵墓皇居を損壊した罪)と同じく,その首犯従犯はすべて斬に処せられ,かつ犯人の父子,犯人所有の家人(けにん),資財田宅はすべて没官(もつかん),祖孫兄弟は遠流とされる。唐律と比べると,謀反の犯人の罪は両者とも同じであるが,その縁坐の範囲は,唐律のほうが日本律よりも,はるかに広い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の謀反の言及

【八虐】より

…律の条文のうち,主として儒教的見地から道徳上の教えに違反する罪を集めて,それを謀反(むへん)(反をはかる),謀大逆(大逆をはかる),謀叛(むほん)(叛をはかる),悪逆,不道,大不敬,不孝,不義の8項目に分類し(表参照),それに特別な法的効果を付与した規定。したがって八虐に当たる罪に対する刑罰がすべて重いとは限らない。…

※「謀反」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android