彼を知り己を知れば百戦殆からず(読み)カレヲシリオノレヲシレバヒャクセンアヤウカラズ

  • かれ
  • を 知(し)り己(おのれ)を知(し)れば百戦(ひゃくせん)殆(あやう)からず
  • 彼(かれ)を知(し)り己(おのれ)を知(し)れば百戦(ひゃくせん)殆(あやう)からず

精選版 日本国語大辞典の解説

(「孫子‐謀攻」の「知彼知己、百戦不殆。不彼而知己、一勝一負。不彼不己、毎戦必敗」による) 敵と味方の情勢をよく知って戦えば、何度戦っても敗れることはない。相手方と自分の方との優劣長短をよく知ることの大切さをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android