彼を知り己を知れば百戦殆からず(読み)かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず

精選版 日本国語大辞典の解説

かれ【彼】 を 知(し)り己(おのれ)を知(し)れば百戦(ひゃくせん)(あやう)からず

(「孫子‐謀攻」の「知己、百戦不。不彼而知己、一勝一負。不彼不己、毎戦必敗」による) 味方情勢をよく知って戦えば、何度戦っても敗れることはない。相手方と自分の方との優劣長短をよく知ることの大切さをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かれおのれれば百戦ひゃくせんあやうからず

《「孫子」謀攻から》敵と味方の情勢をよく知って戦えば、何度戦っても敗れることはない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android