彼を知り己を知れば百戦殆からず(読み)かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず

精選版 日本国語大辞典の解説

かれ【彼】 を 知(し)り己(おのれ)を知(し)れば百戦(ひゃくせん)(あやう)からず

(「孫子‐謀攻」の「知己、百戦不。不彼而知己、一勝一負。不彼不己、毎戦必敗」による) 味方情勢をよく知って戦えば、何度戦っても敗れることはない。相手方と自分の方との優劣長短をよく知ることの大切さをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かれおのれれば百戦ひゃくせんあやうからず

《「孫子」謀攻から》敵と味方の情勢をよく知って戦えば、何度戦っても敗れることはない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android