コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味方 あじかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

味方
あじかた

新潟県中部,新潟市部の旧村域。新潟平野の西部にある。 1889年村制施行。 1901年白根村,七穂村と合体。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い大部分は南区の一部となった。中心集落の味方は中ノ口川左岸の自然堤防上にある。ネギ,枝豆などの野菜栽培が行なわれる。庄屋だった旧笹川家住宅は国の重要文化財。中ノ口川沿岸は水溶性天然ガス乱掘による地盤沈下が著しく,堤防のかさ上げが行なわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

み‐かた【味方/御方/身方】

[名](スル)《「かた」の敬称「御方」の意。「味方」「身方」は当て字》
対立するものの中で、自分が属しているほう。また、自分を支持・応援してくれる人。「心強い―」⇔
対立するものの一方を支持したり、応援したりすること。「いつも女性に―する」
天皇の軍勢。官軍。
「―の軍おぢおそれ三たび退き返る」〈今昔・一一・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

味方
あじかた

新潟県中部、西蒲原(にしかんばら)郡にあった旧村名(味方村(むら))。現在は、新潟市の南部(南(みなみ)区の一部)にあたる。2005年(平成17)味方村は新津(にいつ)市、白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、小須戸(こすど)町、横越(よこごし)町、亀田(かめだ)町、西川(にしかわ)町、岩室(いわむろ)村、潟東(かたひがし)村、月潟(つきがた)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。旧村域は中ノ口川左岸に位置し、国道460号が通じる。新潟交通のバスの便がある。古くから山王(さんのう)ショウガや、促成野菜の産地として新潟朝市(あさいち)をにぎわしてきた園芸農村である。6月に行われる白根地区との大凧(おおたこ)合戦が名物。味方にある旧笹川(ささがわ)家住宅は、蒲原大地主の庄屋(しょうや)役宅として国の重要文化財に指定されている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

味方の関連キーワードchance maker同士討ち・同士打ち旗鼓の間に相見ゆショートパスオウンゴールラテラルパス袖標・袖印フッキングカゲスター芝居を打つメルラン肩を持つ同士討ち舟中敵国陣回り諸倒れ敵味方アライ見せ旗応援歌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

味方の関連情報