コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

征矢野半弥 そやの はんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

征矢野半弥 そやの-はんや

1857-1912 明治時代の政治家。
安政4年8月生まれ。もと筑前(ちくぜん)福岡藩士。福岡県会議員をへて明治22年福岡日日新聞(西日本新聞前身)社長となる。27年衆議院議員(当選6回,政友会)。明治45年2月9日死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の征矢野半弥の言及

【福岡日日新聞】より

…78年12月《めざまし新聞》として再興,79年《筑紫新報》,80年《福岡日日新聞》と改題した。福岡地方初の日刊紙で,自由民権主義の機関紙だったため,政争にからみ受難の時代もあったが,征矢野半弥(そやのはんや)社長時代(1891‐1912)にその積極政策により全国屈指の地方紙に発展した。1901年地方紙で初めてマリノニ輪転機を採用,明治末から各県に切替版を発行して九州全土に部数を伸ばし,21年から朝夕刊制を実施している。…

※「征矢野半弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

征矢野半弥の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android