コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後ろ帯 ウシロオビ

デジタル大辞泉の解説

うしろ‐おび【後ろ帯】

帯を背後で結ぶこと。近世の未婚の女性の風俗。後ろ結び。→抱え帯前帯
若い娘。また、背後で結んだ素人風の若い遊女。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしろおび【後ろ帯】

帯を後ろで結ぶこと。後ろで結んだ帯。近世前期から町方の娘や若い嫁の地味な風俗。嘉永(1848~1854)の頃から一般化した。
未婚の女性。娘。 ↔ 前帯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後ろ帯の関連キーワード歌舞の菩薩後ろ結び近世町方

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後ろ帯の関連情報