コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱え帯 カカエオビ

デジタル大辞泉の解説

かかえ‐おび〔かかへ‐〕【抱え帯】

和装で、着物の裾をたくしあげた時に用いた帯で、現在では花嫁の帯の下部にそえて締める、幅の狭いくけ縫いにした帯。
しごき帯。からげ帯。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かかえおび【抱え帯】

江戸時代、女性が帯の下に締めて御端折りを押さえた細い帯。現在は花嫁衣装や七五三の晴れ着などに装飾として結ぶ。
前帯」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抱え帯
かかえおび

帯の下部に添えて締める装飾用の細い帯。布地は金襴(きんらん)、錦(にしき)など華やかな色板の織物で、幅約5センチメートル、丈約265センチメートルの絎帯(くけおび)。花嫁衣装、女児7歳の祝い着に用い、後ろ脇(わき)で小さく文庫に結ぶ。抱え帯は、初め実用的着装に用いられた幅の狭い帯である。初期小袖(こそで)は対丈(ついたけ)であったが、元禄(げんろく)から享保(きょうほう)(1688~1736)にかけて身丈が長くなり裾(すそ)を引くようになった。外出時は裾を引かないように手で持ち上げていたが、帯幅が広くなるにつれて、小袖の丈の長い分を帯の下でたくし上げ、柔らかい布または細い絎帯で締めるようになった。これは外出時に限って現在の腰紐(こしひも)と同じ目的で用い、屋内では取り外した。細い絎帯を抱え帯といい、おはしょりが固定化してからは形式的装飾用として用いられるようになった。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

抱え帯の関連キーワードおはしょり御端折り花嫁衣装江戸時代扱き帯後ろ帯晴れ着七五三和服抱え

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android