コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱え帯 カカエオビ

3件 の用語解説(抱え帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かかえ‐おび〔かかへ‐〕【抱え帯】

和装で、着物の裾をたくしあげた時に用いた帯で、現在では花嫁の帯の下部にそえて締める、幅の狭いくけ縫いにした帯。
しごき帯。からげ帯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かかえおび【抱え帯】

江戸時代、女性が帯の下に締めて御端折りを押さえた細い帯。現在は花嫁衣装や七五三の晴れ着などに装飾として結ぶ。
前帯 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抱え帯
かかえおび

帯の下部に添えて締める装飾用の細い帯。布地は金襴(きんらん)、錦(にしき)など華やかな色板の織物で、幅約5センチメートル、丈約265センチメートルの絎帯(くけおび)。花嫁衣装、女児7歳の祝い着に用い、後ろ脇(わき)で小さく文庫に結ぶ。抱え帯は、初め実用的着装に用いられた幅の狭い帯である。初期小袖(こそで)は対丈(ついたけ)であったが、元禄(げんろく)から享保(きょうほう)(1688~1736)にかけて身丈が長くなり裾(すそ)を引くようになった。外出時は裾を引かないように手で持ち上げていたが、帯幅が広くなるにつれて、小袖の丈の長い分を帯の下でたくし上げ、柔らかい布または細い絎帯で締めるようになった。これは外出時に限って現在の腰紐(こしひも)と同じ目的で用い、屋内では取り外した。細い絎帯を抱え帯といい、おはしょりが固定化してからは形式的装飾用として用いられるようになった。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抱え帯の関連キーワード御引き摺り括し上げる蹴返す掻い取る絡げ尻絡げ高絡げたくし上げるたくし込む蛸絡げ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone