後先無しに(読み)あとさきなしに

精選版 日本国語大辞典の解説

あとさき【後先】 無(な)しに

前後のことを考慮しないで。でたらめに。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)五「又義に稽は考也。かんがゆるぞ。みだるならば、えかんがえぬそ。あとさきなう云て、えかんがへぬそ」
浮世草子・御前義経記(1700)八「なんでも旦那衆の銭は我らがものと、札(ふだ)きる手もとはしかう、跡(アト)さきなしに、壱貫の銭ほんとにはる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android