後張の大口(読み)ウシロバリノオオクチ

デジタル大辞泉「後張の大口」の解説

うしろばり‐の‐おおくち〔‐おほくち〕【後張の大口】

大口おおくちばかまの一。前面精好せいごう織り、後面をさらに横糸を太くしたおお精好で仕立てて、後ろ腰を張らせて着用する。風流ふりゅうのときは直垂ひたたれの袴を省略することもあり、能装束にその様式を伝えている。あとばりのおおくち。⇔前張さいばりの大口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android