コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後張の大口 ウシロバリノオオクチ

デジタル大辞泉の解説

うしろばり‐の‐おおくち〔‐おほくち〕【後張の大口】

大口袴(おおくちばかま)の一。前面を精好(せいごう)織り、後面をさらに横糸を太くした大(おお)精好で仕立てて、後ろ腰を張らせて着用する。風流(ふりゅう)のときは直垂(ひたたれ)の袴を省略することもあり、能装束にその様式を伝えている。あとばりのおおくち。⇔前張(さいばり)の大口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android