コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御差し オサシ

デジタル大辞泉の解説

お‐さし【御差し】

江戸時代、大名などの子に乳を差し上げるだけの乳母。差し乳母。
「―、抱き乳母、御乳(おち)の人」〈浄・丹波与作
《「御差し合い」または「御差し支え」の略》都合の悪いこと。
「―がござりまして出られません」〈洒・南門鼠帰〉
刺身」の美化語。
「比目魚(ひらめ)の―が書抜き(=スグレタモノ)さ」〈伎・小袖曽我

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おさし【御差し】

身分の高い人の子に乳を与える女。 「 -抱乳母だきうばお乳の人/浄瑠璃・丹波与作
〔「さし」は「刺身」の略〕 刺身を丁寧にいう語。 「冷くつてもひらめ-が書抜さ/歌舞伎・小袖曽我」
〔「お差し支え」の略〕 都合の悪いこと。 「『-かえ』『いつもの癪さ』/人情本・辰巳園 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御差しの関連キーワード水源涵養林抱き乳母人情本

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android