コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小袖曽我 コソデソガ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小袖曽我
こそでそが

能の曲目。四番目物。五流現行曲。金春(こんぱる)流は明治期の復曲。作者は宮増(みやます)ともいう。出典は『曽我物語』。曽我十郎(シテ)と五郎(ツレ)は、源頼朝(よりとも)の富士の巻狩を機に父の仇(あだ)を討とうと、母(ツレ)にいとまごいに行く。かってに還俗(げんぞく)したため勘当した五郎に母は会おうとしない。乳母(うば)の春日局(かすがのつぼね)も冷たい。十郎の説得と五郎の真情に母の怒りも解け、兄弟は別れの酒宴にりりしく相舞に舞い、狩場へと旅立っていく。曲名となった、母に形見の小袖を請うという「小袖乞(ごい)」のことは、現行曲本文には扱われていない。『夜討曽我(ようちそが)』『禅師曽我』はこの能の後編にあたる。幸若(こうわか)や古浄瑠璃(こじょうるり)にも『小袖曽我』があり、後世の歌舞伎(かぶき)の曽我物系列の先駆的作品となっている。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小袖曽我の関連キーワード壁に馬を乗りかける笠の台の生き別れ花街模様薊色縫福井 良久御先タバコ手は見せぬてんがう口岡田 朗詠情けごかし十六夜清心とっけり増田正造工藤祐経黒っぽい刀の手前引っ張り坊主還りやれこれ心ならず十千万両

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小袖曽我の関連情報