コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御年神 みとしのかみ

2件 の用語解説(御年神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御年神 みとしのかみ

古事記」にみえる神。
須佐之男命(すさのおのみこと)の子孫で,大年(おおとしの)神と香用比売(かよひめ)の間に生まれた神。穀物神としてまつられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

御年神

実り,収穫の神。「とし」は,本来「穀物の実り」を意味したが,収穫には1年を要するところからのちに「年」の意を生じるようになった語。よって神名は,穀物の豊作をもたらす神の意。『古事記』では,やはり実りの神である大年神が香用比売に生ませた子とする。『古語拾遺』では御歳神と書かれ,神祇官が白猪,白馬,白鶏を供えて御歳神を祭るようになった由来を語る話がみえ,この神が朝廷で祭られる重要な穀物神だったことがわかる。また,『延喜式』の祝詞「祈年祭」の冒頭近くに御年神に豊作を祈ることばが出ており,そこに「御年の皇神等の前に……」という表現が使われているので,御年神と称される複数の神があったかと思われる。なお,名称からすれば,この神の親である大年神は実り全体を,この御年神は特定の収穫物を司る神だったとも考えられる。

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御年神の関連キーワード大年神禾穀類稼穡盛期穀物酢豊年満作御年の神実り穀物自給率穀物総生産量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御年神の関連情報