コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御年神 みとしのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御年神 みとしのかみ

古事記」にみえる神。
須佐之男命(すさのおのみこと)の子孫で,大年(おおとしの)神と香用比売(かよひめ)の間に生まれた神。穀物神としてまつられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

御年神

実り,収穫の神。「とし」は,本来「穀物の実り」を意味したが,収穫には1年を要するところからのちに「年」の意を生じるようになった語。よって神名は,穀物の豊作をもたらす神の意。『古事記』では,やはり実りの神である大年神が香用比売に生ませた子とする。『古語拾遺』では御歳神と書かれ,神祇官白猪,白馬,白鶏を供えて御歳神を祭るようになった由来を語る話がみえ,この神が朝廷で祭られる重要な穀物神だったことがわかる。また,『延喜式』の祝詞「祈年祭」の冒頭近くに御年神に豊作を祈ることばが出ており,そこに「御年の皇神等の前に……」という表現が使われているので,御年神と称される複数の神があったかと思われる。なお,名称からすれば,この神の親である大年神は実り全体を,この御年神は特定の収穫物を司る神だったとも考えられる。

(佐佐木隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

御年神の関連キーワード大和神社年の神春祭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android