コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御当家令条 ごとうけれいじょう

1件 の用語解説(御当家令条の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうけれいじょう【御当家令条】

近世中期の法令集。《令条記》《令条》などの書名でも伝わり,37巻から成る。1597年(慶長2)9月から1696年(元禄9)10月まで100年間の,主として江戸幕府の法令約600通を収め,ほかに慶長以前の数通を含む。1711年(正徳1)藤原親長の序文があり,彼が編纂者と目されるが,どのような人物であったかは未詳。成立は1711年とも考えられるが,1696年から1700年の間である可能性が強い。《近世法制史料叢書》所収。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御当家令条の関連キーワード新編追加徳川禁令考法令全書類聚三代格御触書集成ごさんなれ法令ゆうでく類聚符宣抄土井利寛

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone