御殿籠(読み)みとのごもる

精選版 日本国語大辞典「御殿籠」の解説

みとの‐ごも・る【御殿籠】

〘自ラ四〙 「寝る」の尊敬語。寝所におはいりになる。おおとのごもる。
※春曙抄本枕(10C終)二〇「御草子にけうさんして、みとのごもりぬるも」

おんとの‐ごも・る【御殿籠】

※太平記(14C後)三五「余りに久く御宿籠(ヲントノコモ)り候者哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android