コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御覧ぜらる ゴランゼラル

2件 の用語解説(御覧ぜらるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごらんぜ◦らる【御覧ぜらる】

[連語]《動詞「ごらんず」の未然形+尊敬の助動詞「らる」》「見る」の尊敬語。ご覧になる。
「主上は御涙にくもりつつ、月の光もおぼろにぞ―◦られける」〈平家・六〉
[補説]古くは、受け身・可能・自発・尊敬の意を持っていたが、鎌倉時代以降、尊敬の用法に限られるようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごらんぜらる【御覧ぜらる】

( 連語 )
〔「御覧ず」に助動詞「らる」の付いたもの〕
(「らる」が受け身の場合)見ていただく。お見せする。御覧に入れる。 「かくおほけなきさまを-・られぬるも、かつはいと思ひやりなく恥づかしければ/源氏 若菜下
(「らる」が可能の場合)御覧になることができる。御覧になれる。 「ふとみゆきして御覧ぜむに、-・られなむ/竹取」
(「らる」が自発の場合)自然と御覧になる。 「よろづの罪わすれて、あはれにらうたしと-・らる/源氏 澪標
(「らる」が尊敬の場合。中世以降の用法)御覧になられる。 「めづらしきあづま男をこそ-・られ候はんずらめ/平家 11

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御覧ぜらるの関連キーワードさしゃる為すてんずなんず佩かす通はす呉れさしめ御覧ぜさすさ・れる立たす

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone