自発(読み)じはつ

精選版 日本国語大辞典「自発」の解説

じ‐はつ【自発】

〘名〙
① ほかからの刺激なしに、ひとりでに起こること。〔哲学字彙(1881)〕
② 自分から進んですること。
玉葉‐仁安二年(1167)一二月一〇日「次下官〈不笏、雖指、円座依座前、事有煩、仍懐中之体にて置膝下、是非常也、然而懐中者、毎度自発歟〉」
国語文法で、自然にまたはひとりでに動作が起こるを表わすのに用いる表現方法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自発」の解説

じ‐はつ【自発】

外からの働きかけを受けてするのではなく、自然に行わること。また、自分から進んですること。
文法で、動作が他からの作用に関係なく、自然に起こる意を表す言い方。動詞未然形に、文語では「」「らる」(古くは「」「らゆ」)、口語では助動詞れる」「られる」などを付けて言い表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android