主上(読み)シュジョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐じょう ‥ジャウ【主上】

〘名〙 (古くは「しゅしょう」) 天皇の尊称。かみ。うえ。至尊。
※続日本紀‐神護景雲二年(768)七月辛丑「告大丘曰、今主上大崇儒範、追改為王」
※天草本平家(1592)三「ヘイケ ワ xuxǒ(シュシャウ)ヲモ ホウワウ ヲモ トリ タテマツッテ」 〔史記‐呉王濞伝〕
[語誌]「上」は漢音が「シャウ」呉音が「ジャウ」で、中世までは「シュシャウ」と清音だったようである。江戸後期の辞書類ではほとんど「シュジャウ」と濁っており、明治以後は濁音に定着した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報