コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微古生物学 びこせいぶつがくmicropaleontology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微古生物学
びこせいぶつがく
micropaleontology

微化石を対象とした古生物学の一分野。地層中の微小な生物遺骸,たとえば化石動物の小型有孔虫コッコリス,放散虫,貝形虫など,あるいは化石植物の花粉,胞子,ケイ藻などを研究する。石油探査など応用面で有用である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の微古生物学の言及

【古生物学】より

…これは,いろいろな時代の地層中における層位的分布に主眼をおいた化石の研究をする層位学的古生物学としばしば対置される。対象が微化石で研究手段として顕微鏡の不可欠なのは微古生物学である。その他,化石の安定および放射性同位体を扱う同位体古生物学などがある。…

※「微古生物学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone