微量てんびん(天秤)(読み)びりょうてんびん

百科事典マイペディアの解説

微量てんびん(天秤)【びりょうてんびん】

きわめて微量を(ひょう)量するのに用いる天秤。原理は普通の化学天秤と同じであるが,丈夫で軽い秤棹(はかりざお)を用いて感度を大きくしてあり,最小秤量0.001mg,最大秤量20g程度が普通。
→関連項目てんびん(天秤)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android