コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳舜瞥鉱山 とくしゅんべつこうざん

1件 の用語解説(徳舜瞥鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳舜瞥鉱山
とくしゅんべつこうざん

北海道胆振総合振興局所管区域の南西部にあった鉱山。1916年鉱脈が発見され,1941年から日鉄鉱業が操業を開始。初め褐鉄鉱を産し,その後硫黄も産出したが,1971年閉山。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の徳舜瞥鉱山の言及

【大滝[村]】より

…村域の大部分は標高300~700mの高冷積雪地に分布する森林で,農用地面積は5%に満たない。1895年以降入植者があったが,1940年日鉄徳舜瞥鉱山の操業が開始され,この年伊達紋別との間の胆振線(現,バス路線)が開通して鉄鉱石を室蘭に送り,この村の重要産業となった。農業は振るわず早くから過疎化が進み,71年の徳舜瞥鉱山の閉山はこれに拍車をかけた。…

※「徳舜瞥鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone