心に添う(読み)こころにそう

精選版 日本国語大辞典 「心に添う」の意味・読み・例文・類語

こころ【心】 に 添(そ)

① 心につきまとう。離れず念頭にある。
※続後拾遺(1326)恋二・七八六「つれもなき人はうき身のよそながら心にそふは思ひなりけり〈藤原為嗣〉」
② 意のままになる。期待通りになる。
※大野広域本散木奇歌集(1128頃)雑下「津の国の 生田の森の いく度か 海士のたく縄 くりかへし 心にそはぬ 身を恨むらん
※良寛歌(1835頃)「今更に死なば死なめと思へども心に副はぬ命なりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android