生田(読み)いくた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生田
いくた

神奈川県北東部,川崎市多摩区中部の地区。多摩丘陵にあり,小田急電鉄小田原線が通る。第2次世界大戦後,明治大学専修大学などの校舎がおかれ,住宅地化も急速に進んだ。東部の桝形山には戦国時代山城の跡がある。そのふもとには生田緑地が設けられ,一画にある日本民家園は全国の古い民家を移築し,公開。江戸中期の建築物も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いくた【生田】[地名]

兵庫県神戸市中央区地名生田神社がある。
神戸市の旧区名。現在は中央区の一部。
神奈川県川崎市多摩区の地名。近辺に生田緑地がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いくた【生田】

神戸市の地名。「生田の池」「生田の浦」「生田の野」「生田の森」「生田川」などの形で、多くの場合「幾度」を導く序や「行く」の意をかけて古歌に詠まれた。⦅歌枕⦆ 「幾度いくたびか-の浦に立帰る浪にわが身を打ち濡らすらむ/後撰 恋一

いくた【生田】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕生田(いくた)


神戸市の市街地中部にあった旧区。生田区は1980年(昭和55)に葺合(ふきあい)区と合併、中央区となった。同市の経済・行政の中心で、県庁・市役所・商社・銀行や、神戸港第1~第4突堤がある。元町(もとまち)通や三宮(さんのみや)駅周辺は同市随一の商店街。生田神社がある。1995年(平成7)の兵庫県南部地震ではビル・家屋の全半壊など大被害を受けた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いくた【生田】

[1]
[一] 神戸市中央部の地名。生田神社の所在地。昭和二〇年(一九四五)旧神戸区、湊東(そうとう)区を母体とした新区となったが、同五五年に葺合(ふきあい)区と合区し中央区の一部となる。市の政治、経済の中心地。
※後撰(951‐953頃)恋一・五三二「いくたびかいくたの浦に立ち帰る浪にわが身を打ちぬらすらん〈よみ人しらず〉」
[二] 謡曲「生田敦盛(いくたあつもり)」の異称。金春流でいう。
[2] 〘名〙 「いくたりゅう(生田流)」の略。
洒落本・傾城買指南所(1778)「大かなやの白妙は琴(イクタ)の名人」

いくた【生田】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生田の関連情報