今更(読み)いまさら

精選版 日本国語大辞典「今更」の解説

いま‐さら【今更】

[1] 〘形動〙
① (多く、下に否定、疑問、反語などを伴って、前の時点ではともかく、今となっては遅すぎるという気持を含む) 今になって。今また更に。
※万葉(8C後)一五・三七三四「遠き山関も越え来ぬ伊麻左良爾(イマサラニ)逢ふべきよしのなきがさぶしさ」
② 今になって、こと新しい感じがするさま。また、ふたたび新しい気がするさま。
※曾我物語(南北朝頃)四「箱王は父が昔をつくづくと聞きて、いまさらなる心地して、忍びの涙にむせびけり」
③ 今初めてのさま。急なさま。今新たに。
※徒然草(1331頃)七八「いまさらの人などのある時」
[2] 〘〙 (多く、下に否定、疑問、反語を伴う)
① (前の時点ではともかく)今となっては遅すぎるという意を表わす。今となってはもう。
氏(1001‐14頃)蜻蛉「あなかたじけな。いまさら人のしりきこえさせむも、なき御ためは、中々めでたき御すくせみゆべき事なれど」
※波形本狂言・武悪(室町末‐近世初)「一度打たせ申上た物が、今さらぶあくが首でござるといふてなんと出さるる物じゃ」
② 今初めて。今改めて。今急に。
※宇治拾遺(1221頃)六「いまさら申すべきことならねど」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「変人なのも今更始った理(わけ)ではないから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「今更」の解説

いま‐さら【今更】

[副]
もっと早ければともかく、今となっては遅すぎる、という意を表す。今ごろになって。「今更何を言っているんだ」
今新しく。今改めて。「今更注意するまでもない」
初めて。
「—の人などのある時」〈徒然・七八〉
[形動ナリ]
今になってはだめだ。
「—なり、心やすきさまにてこそ」〈・浮舟〉
今初めてであるさま。目新しいさま。
「—に若々しき心地する御簾みすの前かな」〈・朝顔〉
[類語]今ごろ今時分今時今今たった今今しがた先ほどさっき先刻最前先にナウ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android