続後拾遺和歌集(読み)ショクゴシュウイワカシュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょくごしゅういわかしゅう ショクゴシフヰワカシフ【続後拾遺和歌集】

鎌倉末期にできた、一六番目の勅撰集。二〇巻。歌数は一三五三首。元亨三年(一三二三)後醍醐天皇の命により藤原為藤・為定が撰し、嘉暦元年(一三二六)成立。代表歌人は為家・為世・定家・後宇多院・後醍醐天皇などで、二条派が中心となっている。続後拾遺集。

ぞくごしゅういわかしゅう ゾクゴシフヰワカシフ【続後拾遺和歌集】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報