心因(読み)しんいん

精選版 日本国語大辞典「心因」の解説

しん‐いん【心因】

〘名〙 精神的、心理的な原因。
※われ深きふちより(1955)〈島尾敏雄〉「かんじんの心因となったいやな記憶だけは一層鮮明に濃く焼付き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android