コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島尾敏雄 しまおとしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島尾敏雄
しまおとしお

[生]1917.4.18. 横浜
[没]1986.11.12. 鹿児島
小説家。 1943年学徒出陣のため九州大学文科を繰上げ卒業。海軍予備学生となり,特攻隊隊長として赴任した奄美群島加計呂麻 (かけろま) 島で恋愛,のちこの恋人と結婚。 47年神戸外国語大学講師となり,『島の果て』 (1948) ,『出孤島記』 (49) などで戦時下の極限状況原体験にもつ作家として出発。 55年神経を病む妻の故郷奄美大島に移住して『離脱』 (60) ,『死の棘』 (60) ,『日のちぢまり』 (64) など生や愛の根源に迫る力作を書いた。ほかに『夢の中での日常』 (48) ,『われ深きふちより』 (55) ,『出発は遂に訪れず』 (62) など。 81年日本芸術院賞受賞。芸術院会員

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

島尾敏雄

横浜市出身。戦後文学を代表する作家の一人。1944年、第18震洋隊の指揮官として加計呂麻島駐屯。46年、島で出会ったミホさんと結婚した。神戸や東京で教職に就きながら執筆活動を行うが、妻ミホさんが精神的な病を患う。55年に奄美大島に移住し、名瀬市(現奄美市)の県立図書館奄美分館の初代館長を務めた。

(2011-10-15 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

島尾敏雄【しまおとしお】

小説家。横浜市生れ。関東大震災後,神戸に移る。九大文科卒業後,海軍予備学生。特攻隊指揮官として出撃命令を受けた2日後,敗戦。戦後,神戸で創作活動を展開,《出孤島記》(1949年)で第1回戦後文学賞受賞。
→関連項目小川国夫小栗康平安岡章太郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島尾敏雄 しまお-としお

1917-1986 昭和時代後期の小説家。
大正6年4月18日生まれ。海軍の特攻隊指揮官として奄美(あまみ)で終戦をむかえる。戦争体験をえがいた「出孤島記」「出発は遂(つい)に訪れず」,超現実的な「夢の中での日常」などで新しい文学の旗手となる。心をやんだ妻ミホとの交渉をえがいた「死の棘(とげ)」で昭和53年日本文学大賞。56年芸術院賞。60年「魚雷艇学生」で野間文芸賞。昭和61年11月12日死去。69歳。神奈川県出身。九州帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまおとしお【島尾敏雄】

1917~1986) 小説家。横浜市生まれ。九大卒。難解な超現実的作風で知られるが、一連のいわゆる病妻物でも高い評価を得た。作「夢の中での日常」「死の棘とげ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島尾敏雄
しまおとしお
(1917―1986)

小説家。大正6年4月18日、横浜に生まれる。父は絹織物貿易商で、幼時はしばしば父母の故郷福島県で過ごす。のちに父母とともに神戸に移住し、県立第一神戸商業から長崎高商(長崎大学の前身)に進む。中学時代より同人雑誌を出し続けた文学少年であった。1939年(昭和14)に同人雑誌『こをろ』で矢山哲治、阿川弘之(ひろゆき)、真鍋呉夫(まなべくれお)を知り、九州帝国大学に進学(1940)して庄野(しょうの)潤三と親しくなる。九大は法文学部経済科に入学したが、のちに東洋史に変更、43年に庄野とともに堺(さかい)市の伊東静雄を訪ね、処女作『幼年期』を自家版で発行。この年9月に繰り上げ卒業、海軍予備学生となり、第一期魚雷艇学生として激しい訓練を受ける。その後、第18震洋隊指揮官となり奄美(あまみ)諸島加計呂麻(かけろま)島へ行き、そこで旧家の娘長田ミホと親しくなる。後の妻である。45年8月13日特攻命令が下ったが、待機中に15日を迎えて終戦となる。この3日間の生死幽明の境がその後の島尾文学の原点になる。死と直面しつつ、ミホへの愛に悩む原体験であった。のちにこれが『出発は遂(つい)に訪れず』(1962)で作品化される。ほかに『夢の中での日常』(1948)、『単独旅行者』(1948)、『出孤島記』(1949)、『贋(にせ)学生』(1950)、『死の棘(とげ)』(1960~76)などの力作がある。妻の心因性疾患のため、妻の故郷奄美大島に1955年(昭和30)移住した。第三の新人の代表的作家である。85年『魚雷艇学生』で野間文芸賞受賞。芸術院会員。昭和61年11月12日没。[松本鶴雄]
『『島尾敏雄全集』全17巻(1980~83・晶文社) ▽『島尾敏雄非小説集成』全六巻(1973・冬樹社) ▽饗庭孝男編『島尾敏雄研究』(1976・冬樹社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の島尾敏雄の言及

【加計呂麻島】より

…大島海峡に臨む薩川湾は1920年から第2次大戦終了まで軍港として利用された。作家島尾敏雄が大戦末期特攻隊長をしていた所で,《出発は遂に訪れず》などの小説で有名になった。〈ノロ(祝女)〉の神事や〈諸鈍(しよどん)シバヤ(芝居)〉など古い民俗や風習が残っている。…

※「島尾敏雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

島尾敏雄の関連キーワード狂うひと/「死の棘」の妻・島尾ミホ私小説(わたくししょうせつ)アレクサンドル ソクーロフ鹿児島県大島郡瀬戸内町押角キリスト教文学アポロンの島富士 正晴林 富士馬島尾 敏雄戦後派文学恵原 義盛新日本文学日の移ろい近代文学庄野潤三大泉 滉人間魚雷男流文学真鍋呉夫富士正晴

島尾敏雄の関連情報